株式会社モンスーン企画協賛​
宮森敬子​ 展 
「 ​TIME ~刻まれた時は、開かれた時とともに~​」
202​3.​3​.​3​(​金​) – ​2​0(​月​)  1​2​:00-1​7​:00 水​・木​曜休み

​金沢市本町2丁目15-1 ポルテ金沢3F​ 電話076-255-0988​

N.Y.と横浜を拠点として活躍する美術家・宮森敬子​​展​が、2023年3月3日からアート玄羅(金沢市本町)で始まりました。​異なる時間・場所の記憶をテーマとした展覧会です。作品には樹木・和紙・炭などが用いられています。宮森さんは1990年代、現代美術キュレーターである​ヤン・フートの旧鶴来町訪問をきっかけに、当地の商工会青年部が開催していた「アートフェスティバルIN鶴来」にも参加していました。個展は新宿の中村屋サロン美術館で同時開催で、こちらは3月1日から4月9日まで。

​■ 略歴
1964 横浜生まれ
1995 筑波大学芸術研究科日本画専攻修了(芸術修士号取得)

ニューヨークと横浜を拠点に活動

​■ 主な個展
2011 「屋根のない鳥籠と舟」イセ文化基金(ニューヨーク)
2016 「均一な世界」 Concept Space L’INTERIEUR(東京)
2018 「誕生・成長・回帰」ギャルリーパリ(横浜)
2019 「Portrait of Being」mhPROJECTnyc(ニューヨーク)
2020 「集められた時の表面たち」ときの忘れもの(東京)
2022 「宮森敬子―Time」 ギャラリーこうけつ(岐阜)