それにしても、個性的な賃貸物件です。

店舗としても住宅としても利用可能。駐車場はありませんが、ここで車を持ってしまったら、逆に不便でしょうというほどの、歴史的にも地理的にも金沢の中心地です。お向かいは尾山神社の敷地そのまま。昨年末に全面改装が完成した尾山神社は、今はさらに金沢城公園につづく橋を建設中で、ここが開通すると金沢城までの庭園散策道が、広い範囲でつながっていくことになります。

築年不詳で、平成27年に柱を含めて完全フルリフォームしました。ほぼ新築と言ってよい状態です。外観は写真のとおりですが、中の直し方はとてもモダン。ロフトスペースもあれば、作り付けの棚もあります。洗濯機スペースは1Fに。暮らしをよくイメージしつつ、小さいスペースをリデザインしています。

柱や階段の木肌は明るくてシッカリ感がありますし、漆喰の表面は白くてきれい、バタークリームのようなあたたかみです。

大きな家賃と大きな暮らしを脱してミニマム方向に変革する方にも、大都市圏から着地してみようという方にも、この建物でやってみようと決めるだけで、なんだか人生のいちページに意味を得られてしまいそう。「他ならぬこの場所」、つまりは One and Only な賃貸戸建てです。