売買 sale

築年は明治。旧街道の歴史そのままに。

明治時代に建てられ旧街道町家です。
桶屋や鍛冶屋などの商店が曲がりくねった道沿い並んでいたこの旧街道は、金沢五社の椿原天満宮に続きます。この家も、もとは古物を商うお店でした。その面影を残して一階は土間のままです。

金沢城にほど近い、このあたりの旧町名は独特です。藩の行列の際に、その身のまわり品の茶弁当、矢箱、提灯などを運ぶ「御小人」という役割の人たちに与えられた場所(組地)だったことから「御小人町(おこびとまち)」と呼ばれたところをはじめ、「裏御小人町」「火除町(ひよけまち)」「銀杏町(ぎんなんちょう)」「柿木町(かきのきまち)」「板前町」といった旧町名がまわりを囲みます。整備された標柱にそうした案内がされており、歴史ある町に暮らす楽しさを味わえる場所です。金沢観光というと駅周辺と東西の茶屋街が連想されがちですが、「こまちなみ」として市に保存指定されたこの扇町・天神町エリアは、少しづつ改築が進んでいる地帯でもあり、知る人ぞ知る風情あるとおりです。金沢マラソンのコースにもなっています。

ごく一般の商家だったということで、「立派オシ」の町家ではありません。生かせる雰囲気を残して、基本的には総改修をお願いします。昭和の増築と思われる付け足しの台所部分を撤去すると、後ろの庭部分が広くなります。典型的な細い長方形の町家の敷地です。特に歴史にこだわらなくても、公園まで歩いて1分、スーパーは目の前、大病院がそれぞれ10分ほどということで、普通に住むにも便利な場所です。月極駐車場は近隣でということになりますが、比較的確保はしやすい場所です。

フローリングのモダンな住宅にするもよし、お店やアトリエにするもよし。もう少し先に行くと、一棟貸旅館として運用されている町家もありますので、近隣の方とのお話合いがつけば宿泊施設への転用もできるかもしれません。町家と町並み保存にご協力いただける新オーナー様をお待ちしています。

 

状態 商談中
物件番号 sale-00040
物件名 旧街道沿いの元・古物商町家
種別 売戸建
所在地 金沢市扇町
土地面積 75.14㎡(22.7坪)
土地権利 所有権
建ぺい率/容積率 80% ◆ 200%
地目 宅地
都市計画/用途地域 第一種住居地域
建物構造・階建 木造瓦葺二階建て
築年月 1898年(明治31年)以前
接道状況 南西側 幅約6.5mの市道に約2.5m接道
延床面積 78.2㎡(1F:55.63㎡/2F:22.57㎡)
交通 <バスで>
金沢駅から北鉄バス18分 横山町バス停下車 歩8分

<車で>
金沢駅13分

<歩いて>
まついスーパー1分◆ニュー三久(スーパー)6分◆天神町児童公園(ミミズク公園)1分◆石川県立伝統産業工芸館10分◆金沢大学付属病院9分/国立病院機構金沢医療センター11分◆兼六園14分
校区 兼六小学校/兼六中学校
取引様態 媒介
設備 庭あり
駐車場 なし
現状・引渡し時期 即時
備考 現状での売却(残物は撤去)/金澤町家情報バンク掲載予定
情報更新日 2019/03/12

資料ダウンロード/document Download

ダウンロード資料 (日本語)

旧街道沿いの元・古物商町家

画像クリックで拡大

ページトップへ戻る