大手町と言えば東京でも金沢でも、城郭そばで都市の中心地。裁判所に近いことから、近隣には弁護士事務所の看板が目立ちます。

この2LDKは、そんな大人の町に似合う静かな落ち着いた空間です。キッチンを新品にしてあったこの部屋ですが、ほとんど使用しないまま今回売却することになりました。

平日は仕事着の人々、休日は観光客の方がちらほらといった風情で車どおりは少ないのですが、7階に上がると一層静かです。窓の外は都会的ですが、金沢城公園や、その先の香林坊のビルの姿も見通せる環境です。このあたりの澄んだ雰囲気は、東京ならば番町界隈の趣きを連想させます。

新築の高層マンションとは異なって、この界隈のマンションは相応の年月を経ているだけに、建物に根付いた住人の方も大勢います。それゆえの強みで、推しの一つはしっかりした管理組合です。総会議事録と先を見越した修繕計画書に、安心感がわきます。安心は他にもあります。徒歩6分で到着できる「絶対なくならない買い物場所」です。日常通っていたスーパーの閉鎖は戸惑うものですが、こちらの最寄り店となる近江町市場の移転廃止はまず考えられません。オーナー様によると「指定避難所が目の前の金沢城公園であることも、大きな安心感」とのことです。

コンビニは3軒先、割烹、オーガニックレストラン、ベーカリー、それに茶葉店が同じ街区にあり、10分歩けばひがし茶屋街。エレベーターが新しくて速いことや、ベランダからもドア外通路からも出し入れできる専用物置があることも、利点です。

大都市から金沢へ移住という方には利便性と愉しみの多い地域としておすすめであるほか、家族構成の変化などで郊外から街中に移住するという皆さんにも、住みよい条件を備えていると思います。