【金澤町家再生活用事業(町家改修工事の補助金)対象物件です】

街道沿いの野町エリアは江戸時代からの商人街です。本物件は3軒つづきの真ん中です。明治30年の登記ですから、実際はもっと古いのです。建物のそこここに、明治の店舗建築の良さが残っていてしみじみします。写真の方で、ぜひじっくりご覧ください。

向かって左側は地域に愛されている喫茶店、右側は評判の日本料理店。料理店の隣は銀行跡を利用したミニスーパー、その目の前がバス停という立地です。

近隣の様子については、フォトブログの方でどうぞ。

昭和と平成の時代には、スナックとして生きたこの町家です。年代物の麻雀ゲーム機や家具などは撤去しますが、カウンターなど造作物はそのままでのお引渡しとなります。水回りは新品取替が必要で、改装には見積もりによれば本体価格の倍近い予算が要るようです。高収益を目標に賃貸化する場合や、作業そのものを楽しみたいかもという方には、セルフでの改修工事計画にチャンスがあるのでは。街なかであっても、このような古い物件には中庭もありますし、後ろの増築部分をいっそ壊して、庭を広く使ってもよさそうです。

境界確認は売主側でいたします。両隣の方と仲良くして、「地方都市の便利な場所で、広く面白く暮らすのも楽しそう」と考えている方には、ぜひ検討していただきたい家です。自動車要らずのこの場所ですから、二拠点居住の方にもおすすめできます。